ジョージ・ソロスと仮想通貨

皆さん、インデックス投資してますか、ゆーです。

今回は各界の有名人たちは仮想通貨業界をどのように見ているのかシリーズ第二弾ということでジョージ・ソロスを取り上げたいと思います。

そもそもなぜ仮想通貨って魅力があるの?という答えがこのような著名人の言葉に隠されているのではないかと思っていますので、一緒に見ていきましょう。

ジョージ・ソロスって誰

ジョージ・ソロス(George Soros)は、1930年にハンガリーで生まれたユダヤ人であり、著名な投資家の一人です。
同じく著名投資家のウォーレン・バフェットと比較すると、ソロスの方が投機家というイメージが強いです。

世界の富豪に関するニュースでも、マイクロソフト創始者のビル・ゲイツやバフェットと共に名前が挙がることの多い人物です。

生い立ちと職歴

ジョージ・ソロスは、大学を卒業後にサラリーマンとなり、金融の分野に魅力は感じていたものの、平凡な人生を送っていました。
大卒後は宝飾品販売会社へ勤めて宝石を売って生計を立てていたので、決して今のような資産家ではありませんでした。

偉大な投資家、ジョージ ソロスにも下積み時代があったわけですね、営業成績などもやはり良かったのでしょうか。

宝石売りながら普通の人生を送っていたジョージソロスでしたが、次第に資産を築く為に金融の分野に進み、やはり金融界で働きたいという気持ちが大きくなり、アメリカ経済の中心地となるウォール街で働くことに決めました。

まさにジョージ・ソロスは何かに導かれるようにウォール街に身を置いたということになります。

ここで後にジョージソロスとタッグを組むジム・ロジャーズの話を少ししておきます。
ジム・ロジャーズは、ソロスと肩を並べるくらいの著名な投資家なのです。

ロジャーズは大学を卒業してからアメリカ陸軍に所属して働いていましたが、ジムロジャーズもまた資産を築く為、ウォール街に身を置くようになりました。

アメリカの投資銀行にArnhold & S. Bleichroederという名前の銀行があり、ジム・ロジャーズはそのArnhold & S.Bleichroederという所で見習いアナリストとして働いている時にジョージ・ソロスと出会います。

2人の投資家ジョージ・ソロスとジム・ロジャーズは意気投合し、1969年ソロスとロジャーズが立ち上げたのがソロスファンドというもので、これが、かの有名なクォンタム・ファンドの前身となるヘッジファンドになったのです。

このクォンタム・ファンドは、史上最強のヘッジファンドとも言われています。
1969年にクォンタム・ファンドに資産1万円を投資し、ジョージソロスに運用を任せれば1997年には資産3000万円以上になっているとも言わるくらいの利益をもたらした伝説のヘッジファンドだからです。

ジム・ロジャースとの別れ

ジム・ロジャーズはクォンタム・ファンドの中でもファンダメンタルズ面を担っていて、ソロスに対してアドバイスをする立場にありました。

しかし、考え方の違いなどが起こってしまい1980年にジム・ロジャーズがクォンタム・ファンドを去ると、一人残ったジョージ・ソロスはその翌年、クォンタム・ファンド創設以来初めての大きな損失を出してしまいます。

大きな損失を出してしまったことによりクォンタム・ファンドは運用金額を4億ドルから2億ドルに縮小せざるを得ない状況になり、毎年驚異的なリターンを上げていたジョージソロスファンドもこの年の運用実績は22%のマイナスとなる程の結果となりました。

イングランド銀行を潰した男

しかし、伝説の投資家ジョージソロスは、それだけでは終わりませんでした。
1992年ジョージ・ソロスの名を世界に知らしめるとてつもなく大きな出来事が起こったのです。

ジョージ・ソロスが世界的に有名となるのは、イギリスで起こったポンド危機と言われています。
歴史的にも大きな通貨危機だったポンド危機で、投資家ジョージ ソロスの力を発揮します。

「市場は常に間違っている」という考えを常に持っているジョージ・ソロスは、当時買われ過ぎて割高となっていたポンド通貨に目をつけ、狙いを定めて一気に空売りを仕掛けるという大勝負に出ました。

その額がまた桁違いで、この金融危機で100億ドル相当のポンドをショート(空売り)して売り浴びせたと言われています。

ジョージソロスのポンドの売り浴びせにイングランド銀行は対抗し、必死に買い支えを行ったものの、最終的に破れ、ポンド危機によってジョージ・ソロスは10億から20億ドルの利益を得たとまで言われており、もちろんその名は「イングランド銀行を潰した男」として世界に知られるきっかけになりました。

しかし、伝説の投資家の話はここでは終わりません。

再び巨万の富を手に

1997年、タイバーツの急落が原因でアジア全体にまで影響を与えることになったアジア通貨危機でも大きな利益を生み出しました。

ジョージ・ソロスは歴史的な金融危機であるこのアジア通貨危機でも巨額の利益を得たと言われています。

歴史に残る2つの大きな通貨危機で大きな利益を上げていることからも、本当に投資家としての才能があったのだと思います。

ジョージ・ソロスと仮想通貨

2018年1月25日 スイス ダボス会議での発言

ソロスは仮想通貨についてバブルだと述べ、ボラティリティー(変動性)が高いため現実通貨として機能し得ないと述べた。
通貨とは安定した価値の保管手段であり、1日に25%も変動するようなものが支払い手段となることはできない。
仮想通貨は投機だ。誤解に基づいたものだ、と述べた。
だが、ビットコインを批判する向きが予想するような暴落の見通しは示さなかった。

ソロス氏は「放物線状に上昇するときは通常、最終的に急激な下落に至る。
だが、このケースでは、独裁国家が増える限り、異なる結末を迎えるだろう。
こうした国の統治者は海外で資金を蓄えようとビットコインに注目するからだ」と述べた。

1992年に英ポンド売りで10億ドルの利益を上げたとされるソロス氏は、仮想通貨が急激な下落に見舞われる事態よりはむしろ「高値もちあいとなる」の可能性が高いと予想。ビットコインのベースにあるブロックチェーン技術が建設的に使用される可能性もあると述べた。

2018年4月7日 仮想通貨への参入が報道される

米国署名投資家ジョージ・ソロス氏のファミリーオフィスが仮想通貨取引を開始するといいます。
ブルームバーグが関係筋の話として報じたそうです。

ソロスファンドマネージメントは260億ドルの資金を運用。
マクロ投資の責任者アダム・フィッシャー氏は、仮想通貨取引を行う社内の承認を得たと報道されています。

ジョージ・ソロスが直接でないまでも、彼のファンドが仮想通貨業界に参入してくることは非常にビッグニュースです。
それくらいのインパクトを持つ投資家ですので、今後の仮想通貨業界に期待が持てると思っています。

ただ、一方でソロスは投機的な投資が中心であり、売り買いどちらからも入るので、このボラティリティの高さを活かして利益を得ようとしており、仮想通貨業界の今後に期待しての動きではない可能性も否定はできません。

まとめ

仮想通貨というのは大きく構成要素として、金融とテクノロジーの2つがあると思っています。
その2つが合わさったものが仮想通貨であり、今までどちらか単体ではなし得なかったことがこの2つの融合によって生まれようとしていると私は考えています。

著名人は金融サイドにもテクノロジーサイドにももちろんいますが、今までは金融サイドはどちらかというと否定的な方が多かった印象です。
金融の会社で言えば、ゴールドマン・サックスのみが中立的な立場を取っていた印象ですが、それ以外の会社は基本的には否定的でした。

一方でテクノロジーサイドはやはり変化のスピードも早い世界でこのような新しいことにも慣れているので仮想通貨にも肯定的な意見が多く見られました。

この構図が2017年までだったと思っていますが今年2018年になってからはその構図が変わってくるのではないかと思っています。

金融サイドもいよいよ仮想通貨の可能性を無視できなくなってきており、今まではポジショントーク含め潰そうと思っていたが結局それは難しく、自分たちもそれを取り込む動きをしていかないと立ち行かなくなるということに気づき始めたのではないでしょうか。

日本もMUFJコインとかJコインとか言っていますが、グローバル通貨になり得るかという視点で考えてこれらの通貨はイケてません。
ビットコインを使って何ができるかではなく、自前で作ってそれをどう活用するかという発想が古いと私は思っています。

ですので、伝統的な金融サイドはまだまだ動きが鈍いと思いますが、それでもソロスのような著名投資家が参加することで少しづつでも変化していけばよいなと思っています。

それではまた次回!

↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です