サイバーエージェントの仮想通貨業界参入

皆さん、インデックス投資してますか、ゆーです。

今回は日本の企業と仮想通貨シリーズということで、サイバーエージェントと仮想通貨について見ていきたいと思います。
日本の大手企業による仮想通貨業界参入が相次いでおりますが、こういったトレンドも見極めることで今後世の中がどう変わっていくかというのが読み取れると思います。

サイバーエージェントと仮想通貨の歴史

サイバーエージェントは2017年10月2日に株式会社サイバーエージェントビットコインという会社を設立しています。

プレスリリースでは以下のように発表されています。

近年、ビットコインをはじめとする仮想通貨の利用者が急増し、2017年10月から仮想通貨取引所が登録制になるなど、その社会的関心は高まっております。
このような現状を背景に、当社では新たに仮想通貨取引事業へ参入し、新会社の株式会社サイバーエージェントビットコインを通じて、仮想通貨交換業者への登録を進め、仮想通貨取引所の新規運営を来春(予定)に開始いたします。

当社は、1998年の創業来、インターネット領域において広告事業やメディア事業を展開し、近年では動画事業や音楽配信事業など幅広くサービスを提供しております。
新たに開始する仮想通貨取引所では、これまでに当社が培ったインターネットマーケティングのノウハウおよび、インターネットテレビ局「AbemaTV」や定額制音楽配信サービス「AWA」などの開発で培った操作性の高いサービス設計によって、利便性の高い取引所運営と顧客獲得を目指してまいります。

ということで、当初は今年の春に取引所開業予定でした。

しかし2018年4月20日、サイバーエージェントが仮想通貨の交換会社への参入を取りやめることが明らかになった。
2018年1月下旬に起きたコインチェックの仮想通貨の流出事件以降、金融庁は規制を強めているのが原因で、取引所の開設までに想定以上の時間がかかると判断したようです。

そのため、2019年にも独自の仮想通貨を発行、ゲームなど複数のサービスで使えるようにする。

サイバーエージェントは17年10月に100%出資子会社ののサイバーエージェントビットコイン(東京・渋谷)を設立し、仮想通貨交換業者への登録作業を進めてきました。
だが1月、仮想通貨交換会社コインチェック(東京・渋谷)から580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出。問題の余波で新規参入事業者への審査の遅れが指摘されていた。

登録の遅れが交換会社としての競争力低下につながると判断し、参入を断念したようです。
サイバーエージェントビットコインでは今後、独自の仮想通貨の開発を始める予定です。
詳細は未定だが、ゲーム分野など複数のサービス上で使えるようにする方針。ブロックチェーン(分散台帳技術)に強い技術者の採用を進める。開発した仮想通貨の具体的な利用方法はこれから決めることもあり、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請は取り下げないという。

今後どうなる

上記の通り、今後サイバーエージェントビットコインは独自仮想通貨を発行していきます。
ただし、私はこの動きには少し懐疑的です。

サイバーエージェントのサービス内のみで使えるポイントであればまず仮想通貨という形式を取る必要性がないのではないかというのが1点目です。
また、サイバーエージェント以外でも使えるようにするのであれば、それはそれで大掛かりな仕掛けが必要なので果たしてそこまでのビジョンがあるのかどうか懐疑的です。

いずれにせよ、ポイントであるならば楽天ポイントやTポイントとの違いやメリットを明確に打ち出すべきですし、ポイントではなく通貨として機能させるならそれ相応の努力がいるので、相当な覚悟が必要であり、あまり戦略なき決定のように思えます。

まとめ

サイバーエージェントの今回の取り組みには懐疑的ですが、このようなビッグプレイヤーが参入してくる事自体は大歓迎です。
今後もこのような大手企業の参入が相次いでくると思いますので、楽しみにしていきたいものです。

↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です