Crypto20への投資は有効なインデックス投資となるのか

皆さん、インデックス投資してますか、ゆーです。

本日はcrypto20というインデックスファンドについて取り上げられればと思います。

このブログではインデックス投資をお勧めしていますが、インデックス投資って結構面倒くさい。
そんな方にとって朗報となるかもしれませんので、ぜひお付き合いください。

そもそもCrypto20とは

ファンドの目的
CRYPTO20は仮想通貨の市場インデックスを追う目的で作られました。
ファンドの投資先
HPには下記のように記載がありますが、一言で言うと時価総額Top20の仮想通貨に投資しており、それらの時価総額の価格変動に連動するように設計されています。

また、いつでもこの仮想通貨を売買することが可能ということです。

CRYPTO20は仮想通貨投資専用の独立型トークンファンドです。
ハイブリッド型のためインデックス戦略を用いて取引を行います。

ICOで調達した資金全体を仮想通貨の原資産購入に使用します。
CRYPTO20(C20)トークンは原資産へ直結しておりスマートコントラクト経由で換金オプションを選ぶことができます。

これにより低価格帯を実現します。
CRYPTO20は、単一のトークンを保持することでトップ20の仮想通貨資産を瞬時に多様化します。

トークンはICO後から取引可能となり、ICO以降はトークンの発行はありません。

売買についての重要な特性とリスク
CRYPTO20は時価総額によるトップ20の仮想通貨で構成されており、週毎にリバランスするハイブリッド型市場加重インデックスファンドです。
資産は最大比重10%を上限とすることで、例えばビットコインやその他仮想通貨なども含み単一の資産による独占をを防止します。

設立以来インデックスファンドは従来のファンドを上回る結果を出し続けています。
“単一の資産ひいては単一のリスク源による独占なく、幅広い市場エクスポージャーと一定以上の売上高を確保するためのパラメーターを組み合わせています。

ファンドのハイパーパラメーターは、適切なデータ・サイエンスを用いて慎重に決定されています。”
仮想通貨投資は変動しやすいため短期間での運用においては損失リスクが高くなる恐れがあります。

手数料
年間利用料定額0.50%
解約手数料、仲介料、アドバイス料はありません。

ということで、本当に簡潔に言うと、この仮想通貨に投資しておけば、To20に投資できるので、自分で20コイン買う必要もないし、1つのコインだけに集中投資してハイリスクな投資をする必要もなくなりますよ、ということを言っていますね。

では私はCrypto20を購入するのか

残念ながら私は購入しません。
なぜかというと、大きな枠組みで言うと、リスクがあると思っているからです。

リスクの種類はいくつかあるので、それを説明していきたいと思います。
1.Crypto20の破綻リスク
この仮想通貨はCrypto20という会社によって運営されており、時価総額Top20に連動するように毎週リバランスされています。

したがって、Bitcoinのように管理者不在の非中央集権システムではなく、中央集権の仕組みです。
そのため、この会社が倒産するとこのコインの存在自体がなくなってしまう可能性があります。

恐らくこの会社の主な収益源は上記の通り、年間利用定額0.5%の手数料なのですが、これはこの仮想通貨の時価総額が上がれば、つまり保有者が多くなればなるほど手数料収入が増えていくので運営として安定します。

2018年3月14日現在は151位となっていますが、この順位が上がっていかない、または仮想通貨市場全体が非常に厳しい状況に陥ったときに破綻リスクがあると考えています。

2.Crypto20が正しく運用されていないリスク
次に正しく運用されていないリスクがあります。
これはあまり考えたくないですが、時価総額Top20に連動するといっておきながら、実際はそのように運用していなかったというケースです。

コインチェック事件でもマルチシグ実装しています、と謳っていながらも実際にはしていなかったということがありました。
コインチェック程の顧客を持つ会社ですらそのようなことが発生したので、Crypto20のような企業でも発生する可能性があると思っています。

3.取引所破綻リスク
最後が取引所の破綻リスクです。
以下の3つの取引所で現在取引可能ですが、これらの取引所が破綻する、いわゆるGoxする可能性もあると思っています。

3つの取引所がありますので、資産を3箇所に分散し、リスク分散することは可能です。
ただし、ハードウェアウォレット等にも対応していないため、やはり取引所破綻リスクはしっかり考えておかなければいけない点だと思っています。

まとめ

今回はCrypto20という仮想通貨に投資をしただけで、時価総額Top20に投資ができるよ!というお話でした。

上記の通り、個人的には購入はしませんが、少額であったり仮想通貨初心者の方の入り口として購入するのはよいかと思っています。
また、この会社の思想である、インデックス投資自体には私も大賛成です。

また、Crypto20自体が大きな会社に成長し、信用・信頼を得たら非常に有効な投資先になると思っていますので、今後の展開を楽しみにしています。

それではまた次回!

↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です