仮想通貨の販売所と取引所の違い

皆さん、インデックス投資してますか、ゆーです。

本日は仮想通貨の取引所と販売所の違いについて見ていきたいと思います。
取引所と販売所で手数料に大きな違いがあります。

私も元々そうでしたが、仮想通貨の初心者の方はこのような違いがあることも理解していないことがあります。
結果として、高い手数料で購入をしてしまい、後から後悔ということにならないよう、概要だけでよいので理解してください。

そもそも仮想通貨の販売所と取引所とは?

そもそも、販売所と取引所ってどんなもの?というのが分からないと違いも分からないので初心者の方向けに説明をしたいと思います。

仮想通貨の販売所
仮想通貨の販売所とは、一言で言うと仮想通貨業者が持っているコインを売りに出しているところです。

例えば、bitFlyer社がbitFlyerの販売所でビットコインを販売所で売り出しているとしましょう。
あなたはbitFlyer社の販売所にアクセスすると、ビットコインを購入することができます。

ここであなたが購入したビットコインはbitFlyer社がどこかから仕入れてきたコインになります。
そのため、このビットコインはこのような経路であなたのもとに渡ってきているということになります。
bitFlyer社の仕入れ元 → bitFlyer社 →あなた

つまり、販売所というのは
「仮想通貨の販売業者が顧客向けに自社で持っている仮想通貨を販売している場所」
ということができます

もう一つ仮想通貨ではない身近な例で考えてみます。

築地市場のような市場を想像してください。
A商店は魚を売る魚市場を営んでいると共に、漁もしており釣ってきた魚をこの市場で売っています。

ある日、ミスター・ビットコインさんというお客様がA商店が釣ってきた魚を買っていきました。
この時、ミスター・ビットコインさんは販売所で購入をしていったということになります。

つまり、A商店が自ら仕入れてきた魚(仮想通貨)を売る場所が販売所ということになります。

仮想通貨の取引所
一方で仮想通貨の取引所とは、一言で言うと個人が持っているコインを売りに出しているところです。

例えば、bitFlyerがビットコインを販売所で売り出しているとしましょう。
あなたがbitFlyerの取引所にアクセスすると、ビットコインをいくついくらで購入/売却したいかという情報が確認できます。

842,475円で1.7ビットコインを購入したいというオーダーがありますので、842,475円で1ビットコイン購入します!と言えば、あなたは1ビットコインを購入することができます。

さて、842,475で1.7ビットコインを売るオーダーを出していたのは誰でしょうか。
答えは、bitFlerの顧客です。

あなたと同じようにbitFlyerに口座を持っている方が、842,475円で1.7ビットコインを売るというオーダーを出しているのです。
つまり、取引所というのは

「仮想通貨の販売業者が、顧客同士が仮想通貨の売買をできるようにするために作った場所」
ということができます

またまた、築地市場のような市場を想像してください。
A商店は魚を売る魚市場を営んでいると共に、漁もしており釣ってきた魚をこの市場で売っています。

ある日、ミスター・ビットコインさんというお客様がA商店に私が釣ってきた魚並べさせてー、と言いました。
すると、ミス・ビットコインさんという方がこの売場にやってきて、「この魚この値段だったらミスターから買いますわ!」と言いました。

この一連のやり取りがまさに仮想通貨取引所の一連の流れになります。
つまり、A商店は魚を売る場所を提供しているだけで、実際の売買はそこにいる顧客同士で行うということになります。

販売所と取引所の違いは何か?

では、今回の本題である、販売所と取引所の違いを見ていきたいと思います。
今まで両者の仕組みの話をしてきましたが、この仕組みを理解しておくことが両者の違いを理解することにつながります。

それでは、違いをみていきましょう。

1.手数料

これが最も大きな違いです。
販売所と取引所では売買に掛かる手数料が大きく異なります。

販売所は2-5%の手数料を徴収するのに対して、取引所では0.5-1.0%しか手数料は掛かりません。

違いが発生する理由ですが、販売所の場合は仮想通貨取引業者が自らリスクを取って、仮想通貨を仕入れます。
その仕入れた通貨を顧客に売るため、仕入れてから顧客に売るまでに価格変動のリスクもあります。

そのため、そのリスクや人件費等の費用の分が手数料として上乗せられるため販売所は手数料が高くなります。

一方で取引所は、市場を顧客に提供しているだけなので、市場を使った手数料を顧客から徴収するだけでよいのです。
そのため、価格変動リスクや仕入れのための人件費等を考える必要がないため手数料が安く済みます。

2.即時性
販売所はいくらで今売っていますよ、という情報を出しています。
また、この価格は仮想通貨マーケット全体の金額から算定しているため、市場価格と大きく乖離することは基本的にありません。

一方取引所は極端な話誰も顧客が売りたくないと思ったら売り物が出ません。
また、売り物が出ないことはないまでも、bitFlyerの顧客が価格が下がると思えば市場価格よりも低い価格になったりします。

事実コインチェックは盗難事件発生以降、他の取引所よりも安い金額で取引所で取引が行われていました。

そのため、取引所で購入するときはある程度の取引ボリュームがないと、市場価格より極端に高い/安い金額でしか購入できないリスクがあります。
ですので、市場価格との乖離を少なくいつでも購入できるという点では販売所に軍配が上がりそうです。

まとめ

では、販売所と取引所どちらがよいのかという結論ですが、基本的には取引所を利用するのがよいです。
理由は、一言ずばり「手数料が安い」からです。

もちろん特殊な状況によっては、取引所と販売所の価格差が手数料以上に発生し、販売所の方がお得に購入できる状況もあると思いますが、基本的には取引所がトータルで見て安いです。

同じ1ビットコインを購入するのに高い手数料を支払う必要はないので、ぜひ取引所で購入してください。
bitFlyerでしたら、アプリで取引所でビットコインを購入することが可能です。
また、bitFlyer内の販売所と取引所の価格の違いも確認できますので、おすすめです。

コインチェックはアプリから取引所を利用することはできず、Webからの利用となるため、bitFlyerを利用されることをお勧めします。

それではまた次回!

↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です