仮想通貨とは簡単に説明すると何か

皆さん、インデックス投資してますか、ゆーです。

本日は初心者向けにそもそも仮想通貨とは簡単に説明するとどんなものかというのを見ていきたいと思います。

仮想通貨ってそもそも既存の通貨と何が違うの?どんな特徴があるの?といった基本的だけど実はあまり理解されていない内容を説明していきたいと思います。

仮想通貨の定義とは

色々と定義はあると思いますが、大手取引所のbitFlyerが公開している定義はこちらです。

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用でき、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できます。仮想通貨の種類は1,500種類以上あるといわれています。
引用元:bitFlyer

紙幣が存在しない

まず、これは仮想通貨の大きな特徴の一つと言ってよいでしょう。
既存の法定通貨は円・ドル・ユーロ全て紙幣が存在しますが、ビットコインをはじめとした仮想通貨には紙幣が存在しません。

そのため、あなたが友達に「昨日の飲み代をビットコインで支払いして」と言ったとしてもビットコインを手渡しすることはできません。
つまり、ビットコインなどの仮想通貨は紙幣が存在しないため、物理的な通貨ではありません。

これが、今までの法定通貨との大きな違いであると考えられます。

インターネットを通じて使用できる

紙幣が存在しないということに関連しますが、仮想通貨の取引ややり取りは基本的にはインターネットの世界で完結します。
あなたが友達にビットコインを送りたい場合は、インターネットを通じてビットコインのブロックチェーンにアクセスし、送金指示を出します。
すると、マイナーと呼ばれるビットコインの取引を監視・承認している人たちがその取引に問題がないかを確認し、問題がなければ無事送金が完了することになります。

つまり、物理的な実態はないけれども、インターネットという仮想の世界を通じて、実際にお金のやり取りをすることができるようになります。
これが仮想通貨の大きな特徴となります。

中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在しない

法定通貨には発行元が存在します。
円であれば、日本国が発行する通貨であり、発行元は紙幣は日本銀行、硬貨は独立行政法人造幣局です。

ユーロやドルにも発行元が存在し、その発行元や国がその通貨の価値を保証しています。

一方、ビットコインには発行元は存在しません。
ブロックチェーンというビットコインを管理する仕組みに沿って全世界のコンピュータが管理しています。
マイナーと呼ばれる人達に取引台帳が共有されているので、偽造・二重払いなどがされることは基本的にありません。

発行主体がいるということはその発行をある意味保証している団体がいるということです。
ビットコイン等の仮想通貨は発行主体がない場合が多いので、その価値自体を保証している機関はないということになります。

では、なぜビットコインに価値がついているのでしょうか。
それは、ビットコインのP2Pという仕組みにあります。

P2Pとは、2Pはピアツーピア(Peer to Peer)の略であり、情報の送り手と受け手が対等な関係で情報を受け渡し合う方式のことです。
簡単にいうと、大量の個人が「この取引って合ってるよー!」と言ったら、その取引は正しい取引だったとする方式です。

つまり、多数決みたいなものです。
民衆全員が正しいと言えば、それは正しい可能性が高いという考えに基いています。

相反する概念としては、中央管理(Server Side)という考え方があります。
中央管理の場合は、中央管理者が王様なので中央管理者が正しいと考えたことは正しく、間違いと考えたことは間違いとなります。
こちらは非中央集権とは異なり、多数決ではないので、中央集権の人が間違った答えを出してしまうと、多数決では少数派の意見であっても中央集権の人の意見になってしまうということです。

まぁ、ということで、ビットコインを中心とした仮想通貨は非中央集権を基本としています。
これが支持されている理由としては、今まで国や大手金融機関の中央集権に支配されていたけど、今度は民衆レベルでやらせてもらいまっせー!といういわば、中央集権に疑問を持った人たちの反乱ということができるかもしれません。

専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換できる

これも仮想通貨の特徴ですが、法定通貨とのやり取りができます。
いくらかの日本円を支払えばビットコインを購入することができますし、ビットコインから日本円に換金することも可能です。
いつでも日本円に戻せるという安心感があると、仮想通貨購入してみてもいいかなという気になりますよね。

ちなみに、この法定通貨との交換が可能になったのはbitFlyerをはじめとする仮想通貨取引所が多数開業したからに他なりません。

もともと取引所がなかったときは、こんなイメージで取引がされていました。
A「ピザ買いたいんだけど、ビットコインで決済できませんか?」
B「いいですよ、ビットコインがいくらになるか価値はよく分からないですが、100ビットコインでピザを売りましょう」

という感じでした。
つまり法定通貨との取引ではなく、ある特定の商品とビットコインの取引だったということができます。
まぁある意味では100ビットコインで2,000円のピザが購入できたら、1ビットコインの価値は20円だったということはできます。

しかし、この100ビットコインを受け取った方がそれを利用するためには、ビットコインで決済をしてくれる個人や商店を見つける必要があり、当時の状況からすると非常に難しかったことが想像されます。

まとめ

今回は仮想通貨とは簡単に説明するとどういうものなのかを見てきました。
仮想通貨と現実のお金では異なる部分がたくさんありました。

現在ではAmazonをはじめとしたネットでの買い物が非常に増えてきていますが、これらの業態と仮想通貨の相性は非常によいと感じています。
なぜならば、ネット上の世界は物理的な通貨がいらないですし、店舗に訪れることがないため、インターネットの世界で取引が完結するためです。

これから益々盛り上がりを見せていくと思いますので、仮想通貨の世界に注目してもらえればと思います。

それではまた次回!

↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です