インデックス投資におけるセルフコントロールを阻む3つの要因

皆さん、インデックス投資してますか、ゆーです。

本日はインデックス投資における自分との闘いというテーマです。

まずはこちらのコメントをご覧ください。

辛抱強さや冷静さは、知能指数よりも重要かもしれない

ウォーレン・バフェット

辛抱強く待つことや冷静に市場を見るということは投資において非常に重要になってくるということです。

また、バフェットはこのようにも述べています。

郵便が3週間遅れで届くような田舎に住んでいたほうが、優れた運用成績を残せるかもしれません

最新情報がすぐ手に入るウォール街や金融の専門家が集まる場所にいなくても、適切な銘柄選びをしていれば、最新情報や直近の株価に左右される必要はないということです。

インデックス投資を行っていてもついつい他のコインを購入してしまったり、相場が悲観モードになると売ってしまう方のために、どうすれば自分の精神をコントロールし、自分で定めたルールに従って取引をできるかという点を考えたいと思います。

【不安】自らの投資判断は正しかったのか

積立でインデックス投資している方にとってはあまり心配のない要素かもしれませんが、通常はこの不安は非常に大きなものになります。
本当にあの銘柄でよかったのか。あのタイミングの売買でよかったのか。
そんなことに思いを馳せながら、チャートをチェックし、暴落しては損切り、上がってきたら慌てて買うということを繰り返している投資家は少なくないはずです。

インデックス投資をしている皆さんにとっては「本当にインデックス投資でいいんだろうか」という不安もあるのではないかと思います。
これについては以下の記事をはじめ、インデックス投資の有効性を確認できる記事を読み返し、インデックス投資が最適なんだ!という自信を繰り返し自分に刷り込んでいくしかないと思います。

仮想通貨インデックス投資のメリット

2018.02.21

買ったコインが暴落すると「不安」な心理状態に陥ります。
取引のタイミングを誤ったのではないかと、自らの投資判断に疑問を持ち始めます。
含み損がさらに増えるとメンタルコントロールの出来ない投資家は居ても立っても居られなくなり、損切りをしてしまいます。
ちょうどその時、上昇トレンドの一時的な調整(押し目)が終わったコインは、再び上昇していきます。
これが、自身の投資判断に対する「不安」がもたらす損切り貧乏と、買ったら下がり、売ったら上がるの典型的なパターンです。

【恐怖】損に怯える心理

仮想通貨は値動きが非常に大きいため、購入した翌日に30%下落なんていうこともタイミングによっては有り得ます。
そんなときは普段の数倍、世界中で起こっている出来事に対して敏感になります。
特に政府からの規制や取引所のトラブル、ハッキング被害などはいつ起こってもおかしくありません。
それが仮想通貨に与える影響を考えると食事も喉を通りません、頭の中は仮想通貨の「価格」で一杯です。

このような心理の根本には、損をすることへの「恐怖」があります。
もちろん、程度の差はあれどこの感情というものは誰もが持ち合わせているものです。
大切なのはいかにこの感情をコントロール出来るかという事です。

恐怖で一杯の心理から適切な判断は生まれません。これが投資にメンタルコントロールが必須だと言われる所以なのです。

【欲望】もっと利益が欲しい

投資をする一番の目的はお金を増やすことです。
そのため、お金を増やすために勉強したり日々相場に向き合うことは非常に重要なことです。
ただし、この「欲望」が大きくなりすぎて投資のパフォーマンスに悪影響を及ぼすことがあります。

人は過去の成功から自らの実力を過信する傾向があります。
成功した時に仮に資金が当初の2倍となっているタイミングであるとして、次も成功すると思い込みもっと大きな利益を手にしたいとの考えから、投入する資金の額を増やします。
しかし、こういう時に限って負けてしまうのです。
今まで以上の資金を投入したわけですから、これまでの利益を吹っ飛ばしてしまうほどの損失を計上してしまう可能性があるのです。

また、資金力に余裕がない投資家は、少ない投資額で大きな成果を上げるためにボラティリティ(変動幅)のある銘柄に投資をしてしまうのです。
つまり、一気に値上がりした通貨や草コインと言われるいわゆる時価総額の低い銘柄がそれにあたります。
これも多くの個人投資家が失敗する典型的なパターンです。
短期決戦の投資は事前情報の有無で勝負が決まります。
急騰してからの買いではなく、急騰する前に予め仕込んでおくことが必要になるわけです。
情報戦で圧倒的な不利な個人投資家はどうしても最初の仕掛けが出遅れてしまうため、高値掴みをしてしまう確率が高いのです。

利益を増やしたいという気持ちは大切ですが、その方向性を間違えてしまうと、資金を増やすどころか大幅に資産を減らしてしまいます。
「欲望」をいかにして抑え、コントロールするかも相場では重要なスキルになるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。感情コントロールを狂わせる3つの要素を説明してきました。
この要素を克服する方法は人それぞれですが、資金管理は一つの方法だと思います。

仮想通貨インデックス投資における投資元本の準備の仕方

2018.02.22

自分がコントロールできる範囲の金額内で投資をすることが一つ有効な手立てであることに間違いはなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です