仮想通貨の価格は下がれば下がるほど嬉しい理由

皆さん、インデックス投資してますか、ゆーです。

さて、本日はインデックス投資家の皆さんは仮想通貨の価格が上がった時と下がった時のいずれに喜べばよいかというお話です。
上がった時に決まってるだろ!と一蹴されそうですが、まぁお付き合いください

答えを探るための一つ目の質問

ここで質問です。あなたは生涯を通してハンバーガーを食べたいと考えましたが、自分では家畜を育てていません。さてこの場合、牛肉の価格は高いほうがいいですか?安いほうがいいですか?

A short quiz: If you plan to eat hamburgers throughout your life and are not a cattle producer, should you wish for higher or lower prices for beef?

この質問の答えは簡単ですね、相当なドMでない限り答えは全員一致すると思います。
もちろん、答えは安いほうがいい。です。

答えを探るための二つ目の質問

同じように、何年かに一度、定期的に車を買い替えようと考えましたが、自分では自動車会社を営んでいません。車の価格は安いほうがいいですか?高いほうがいいですか?こうした質問の答えは明らかですね。

Likewise, if you are going to buy a car from time to time but are not an auto manufacturer, should you prefer higher or lower car prices? These questions, of course, answer themselves.

確かにこの答えも明らかです。

では最後の質問

ここで最後の問題です。みなさんがこの先5年間にわたって定期的に株式で投資をしていくとします。あなたはその間、株式市場は上がったほうがいいですか?それとも下がったほうがいいですか?

But now for the final exam: If you expect to be a net saver during the next five years should you hope for a higher or lower stock market during that period?

どうでしょうか。この質問は答えが分かれそうです。

答え合わせ

多くの投資家がこの答えを間違えます。今後何年も株式を買い続けるにもかかわらず、株価が上がれば喜び、株価が下がれば悲しむのです。つまり、これから買うことになる「ハンバーガー」の価格が上がったといって有頂天になっているわけです。こうした態度はバカげています。株価が上がるのを見て喜ぶのは目先に株を売る人だけです。これから株を買おうとしている人は、株価が下がるほうがありがたいはずなのです。

Many investors get this one wrong. Even though they are going to be net buyers of stocks for many years to come, they are elated when stock prices rise and depressed when they fall. In effect, they rejoice because prices have risen for the “hamburgers” they will soon be buying. This reaction makes no sense. Only those who will be sellers of equities in the near future should be happy at seeing stocks rise. Prospective purchasers should much prefer sinking prices.

これはもちろん仮想通貨のインデックス投資についても同じことが言えます。
例えば5年間積立でインデックス投資をしていくのであれば、その5年間は仮想通貨の価格は安い方がいいですよね。
その分たくさんの仮想通貨が購入できますから。

ハンバーガーや車なら安いほうがいいと答えられるのに、投資になるとどうしても株価を気にしてしまう心理を、質問のなかで明らかにしています。

投資をしている人が価格が上がれば喜び、価格が下がれば悲しむという行動が、皮肉にもリターンを上げるうえでは間違っているということを指摘しています。

また、投資をする際には、株価が下がったときにも買い続けることが重要だということもわかりやすく伝えているように思います。

まとめ

ご存知の方もいると思いますが、この言葉はウォーレン・バフェットの言葉の引用です。
価格が上がったらガッツポーズをして、価格が下がったらお通夜のように静まりかえってしまう方がいたら、この記事を思い出してください。
そして価格が下がった時にも、勇気を持って積立のインデックス投資をしていくことを忘れないでください!

価格が下がったらガッツポーズできる方は、暴落して損切りなんてことも起きないと思うので相場で長期的に勝てる可能性が高まります。
それでは、また次回。

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です