Ledger Nano Sは公式サイトから購入した方がよい理由

皆さん、インデックス投資してますか、ゆーです。

本日はLedgerは公式サイトから購入した方がよい理由を述べていきたいと思います。
そもそもLedgerが何かということは別記事で纏めていきたいと思いますが、資産保全にあたって大事なことなので読んでくださいね。

Ledgerとは

Ledgerは、仏Ledger社によるUSBトークン型ビットコインウォレットです。
Ledgerシリーズは、その安全性を妥協することなしに、他社製品に比較して軽量且つ安価であることが特徴です。
デバイスをPCのUSB端子に接続するだけでWebブラウザからウォレットを利用でき、デバイス内に安全に保存された秘密鍵がその外に一切出ることがありません。
PCで入力される情報がウイルスやマルウェア、キーロガーで読み取られたとしても、物理的にデバイスと承認作業とが揃わない限り送金することが不可能であるため、Ledgerを使うとビットコインを安全に保管・使用することが可能です。
2016年の春以降、日本でもビットコインの知名度が上がり、昨今の価格高騰も伴い個人が高額のビットコインを保有することも珍しくなくなりました。
今までは、ビットコインの管理は一般的なユーザーには複雑でしたが、Ledgerを使うと、PCとスマートフォンから簡単にビットコインを保管・使用できるようになります。
出典:Zaif

つまり、一言でいうと、LedgerはUSB型の仮想通貨ウォレットになります。
このデバイスを利用すると、仮想通貨を安全に保管することができます。

取引所等に仮想通貨を置いている場合、コインチェックの事件のようにハッキングに遭うこともあります。
また、過去にマウントゴックス事件がありましたが、その時もマウントゴックスに保管されていた個人のビットコイン等は破産によって返ってくることはありませんでした。

したがって、Ledgerを始めとしてハードウェアウォレットは仮想通貨を安全に保管するための道具であると記憶をしておいてください。

なぜLedgerは公式サイトから購入しないといけないのか

では、本日の本題である「なぜLedgerは公式サイトから購入しないといけないか」を見ていきたいと思います。

まず結論ですが、「あなたの仮想通貨が危険にさらされる可能性が非常に高まるから」というのが理由になります。

具体的に今まで発生が報告されている事例を元に、どういう危険が存在するのかというのを見ていきたいと思います。
内容としては主に3つありますので、順番に見ていきましょう。

1.リカバリーフレーズが外部に漏れてしまう可能性
まず、1点目はリカバリーフレーズが外部に漏れてしまう可能性があります。
リカバリーフレーズとは、言葉通りなのですが、リカバリーつまり修復するためのフレーズになります。
皆様が購入したLedgerが故障した場合等に、新たなLedgerを購入し、リカバリーフレーズを入力すると、故障したデバイスと同じ状況が復元できます。

iPhoneをバックアップしておくと、新しいiPhoneにも同じ内容を引き継げますよね?
それと同じようなイメージです。

つまり、リカバリーフレーズさえあれば、あなたが保持しているデバイスと同じ状況のデバイスを複製することができます。
ですので、第三者があなたのデバイスのリカバリーフレーズを入手したら、そのデバイスで管理しているあなたの通貨は勝手に送金等もできてしまうことになります。

そんなリカバリーフレーズですが、正規購入の場合はあなたの手元に届くまでにそれが第三者に漏れる心配は基本的にありません。

ただし、YahooオークションやAmazonで購入した場合は話が違ってきます。

例えば、YahooオークションでLedgerを売っている人が事前にパッケージを開け、デバイスのリカバリーフレーズを入手しメモした上で、再度プロに依頼してキレイに梱包したとしましょう。

あなたのもとにウォレットが届いたら、リカバリーフレーズを入力し、あなたの口座から仮想通貨を自分の口座に送金してあなたの通貨は盗まれてしまいます。

非常に単純なからくりですが、こういったことが発生しますので、新品未開封であってもオークションサイトからの購入はしないでください。
例えば、家電を中古で購入するのにYahooオークションやAmazonを利用することは問題ないですが、こと仮想通貨に関しては絶対にそのようなことはしないでください。

2.ウィルスやマルウェアを仕込まれている可能性
こちらはリカバリーフレーズこそ抜かれていませんが、そもそもデバイスにウィルス等が仕込まれている場合です。
そのため、あなたがこのデバイスをパソコンに挿すと、あなたの情報が全て抜かれてしまうとしましょう。

すると、あなたが仮想通貨取引所にログインする際のIDやPWの情報も抜かれますし、あらゆる情報が筒抜けになります。
その結果、あなたが仮想通貨をハードウェアウォレットに移動する前に取引所から仮想通貨が盗まれてしまうということが発生し得ます。

3.リカバリーフレーズも外部に漏れているし、ウィルスも仕込まれている可能性
これは最も最悪ですが、リカバリーフレーズが筒抜けなので、Ledgerのコントロール全権限を持っており、かつ取引所のIDやPWも筒抜けになっているという状態です。

これはもうなんというか踏んだり蹴ったりであなたのあらゆる仮想通貨の動きをあちらに動かされてしまう状況になってしまいます。

ということで、Ledgerを公式以外から購入した場合の3つのケースについて見てきました。

まとめ

あなたの仮想通貨を安全に守ってくれるLedgerをはじめとしたハードウェアウォレット。
ハードウェアウォレットを購入しようと思ったということはあなたの資産額は数万円というレベルではないと思います。

そのような高額の資産であればこそ、少しの出費をケチらずにしっかりと公式サイトから購入されることをお勧め致します。
たった3,000円程度の金額差をケチって、ハッキング被害に遭うのも嫌ですし、そうならなかった場合でも自分の通貨がいつなくなるか分からないというリスクと闘うのは不毛でしかないと思います。

しっかりと公式サイトから購入して少しでもリスクを減らしていきましょう。

それではまた次回!

↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です