仮想通貨インデックス投資における投資元本の準備の仕方

皆さん、インデックス投資してますか、ゆーです。

今回はインデックス投資における投資元本はどの程度の金額を準備するのが適切か、またどのような資金を仮想通貨に投じるべきなのかについて共有できればと思います。

投資元本は自分が持っている資産?それとも借金?

まず投資資金の捻出方法ですが、大きく2点あります。
既にお持ちの「自己資産」なのか、あるいは「借り入れ」なのかに分かれます。
いつもと同じですが、皆様がギャンブラーではなく、インデックス投資家になるという前提でお話をしますが、借り入れでの投資は絶対に辞めてください。

私も過去に銀行で借り入れをして株式投資をした時期もありましたが、暴落した時なんかは生きた心地がしませんでした。
ご存知の通り、相場はコツコツ上がっていき、ドカンと暴落します。
そのドカンが来た時に精神的に耐えられる資産や金額で運用をすべきなのですが、借金のプレッシャーに耐えるのはほぼ不可能と言えます。
仮想通貨の世界は値動きも大きいため、借金しなくとも十分な成果が得られると思いますので、まずは自己資産で運用することを基本としてください。

クレジットカードでの購入やFXといった方法でレバレッジを掛ける方法もありますが、こちらも同様の理由でインデックス投資には向かないため辞めることをお勧めします。

さて、それでは自己資産の中でどの資産なら仮想通貨に投資してよいかという点にも言及したいと思います。
ずばり、下記の赤枠の2つの資産のみで考えてください。

これも借り入れをしてはいけない理由と同じで、仮想通貨の暴落等で生活費や年金や保険が失われてしまっては精神的にも非常に厳しいですし、途中で売却しなければいけないという自体にもなってしまいます。
それでは元も子もないので、まずはこのルールをしっかり守ってもらえるといいかなと思っています。
特に相場が上がっているときは、ついつい欲が出て生活費の一部も入れてしまいそうになりますが、ぐっとこらえて中長期での値上がりを狙えればと思います。

生活費以外の現預金を増やして投資資金を作るには

非常につまらないアドバイスなのですが、まずは家計の状態を把握することが第一歩になります。
最近ではアプリで管理できる家計簿もでてきていますので、2-3ヶ月程付けてみて収支のバランスがどのようになっているかを把握しましょう。

もしマイナスならば、投資をする前にまずは家計の見直しをしなければいけません。
もらっている収入よりも支出が少なくなるように見直しをしましょう。
節約ブログではないので、詳細はご自身で、、、となりますが、一つポイントを上げるとすると「固定費を減らす」です。
一般的に家賃、車、保険、通信費等が固定費になりますので、ここら辺を抜本的に見直すことが重要です。
細かい節約を積み重ねても、なかなか大きな効果は得られないため、家賃や車といった金額が大きい固定費を工夫するようにしましょう。

もしプラスならば、そのプラス分が投資の元本になっていきますので、しっかりとコツコツ貯めていきましょう。
その貯めたお金が将来のあなたの大きな資産になっていきます。

ではコツコツ貯金した現預金全て仮想通貨に突っ込んでよいのか?

よし、貯金もして資産もできたから全て仮想通貨インデックス投資に回そうか。とちょっと待ってください。
もう一つステップがありまして、「生活防衛資金」を貯めることが重要になります。
こちらのリンクにも記載がありますが、不測の事態があった時にあなたが頼れるお金のことです。

毎月の生活費が入ってくるのは読者の皆様がお仕事を中心とした収入があるからになります。
ただし、私たちの長い人生の中には不測の事態がたくさん待ち構えています。
経済不況によるリストラ、会社の倒産、ケガ、災害等がいつ襲ってくるかというのは誰にも分からないことです。

しかし、これらの事象というのはある一定の確率では発生しますし、それが発生する前提で人生の準備をしていた方が余裕を持って生活ができます。
私が考える目安としては「生活費の1年分」を、銀行預金をはじめとした流動性の高い金融商品で確保することです。

1年分というと貯めるまでに非常に長い期間が掛かると感じるかもしれませんが、しっかりこの金額を貯めるということが肝要だと思っています。
とはいえ、今この瞬間の仮想通貨のチャンスというのは株式等の伝統的な資産とは少し異なると思っています。
今この市場に参加することも非常に重要なことだと思いますので、貯金の7割を「生活防衛資金」に、そして貯金の3割を「仮想通貨投資」に振り分けていただくのがよいのではないでしょうか。
上記の割合はどの程度の貯金額なのかにもよりますが、3-5年で「生活防衛資金」が貯まるような配分で振り分ければよいと思います。

仮想通貨というと日々のニュースやどの銘柄を購入するかに目が行きがちですが、生活費と生活防衛資金という基礎があって、はじめて仮想通貨投資をすることが非常に大切ということを皆さんに理解いただけたらと思います。

人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です