最大の資産運用は働くことである!

皆さん、インデックス投資してますか、ゆーです。

本日は最大の資産はあなた自身ですという、仮想通貨投資をしようとしている方にとっては身も蓋もないお話です。
ただし、非常に大切な考え方ですので、ぜひお付き合いください。

一般的に投資だけで生活をするにはいくら必要か

まずは、誰もが夢見たことがある仕事を辞めて投資だけで生活をしていきたい!という願望は具体的にどのような資産状況になったら達成できるのか見ていきたいと思います。

株や債権などを組み合わせた伝統的なポートフォリオですと、リスクを紙した期待運用利回りは年間5%のというのが平均的なところです。
仮に手元に1,000万円あったとすると、年間50万円が利回りとして入ってくることになります。
税金や手数料は考慮しておりませんので、実際にはもう少し少なくなりますが、およそ月に4万円です。
これでは、到底暮らしていくことはできなそうです。

では、手元に1億円あったとするとどうでしょうか。
先程と同じ前提で考えると単純に10倍ですので、年間500万円、月に40万円ということになります。

月40万円あれば、状況によりますが、生活していくこともできるのではないかなと思います。
リスクもそこまで大きく取らず、投資だけで生活していくにはまずは1億円が手元にある必要があります。
生活コストがどの程度掛かるかによるので、20万円で良い方もいれば、50万という方も一概には言えませんが、だいたいこのくらい必要です。

では、たとえばあなたが1,000万円の貯蓄をもっていたとします。
そして、1日24時間、365日休み無しで、心血を注いで運用すれば、年30%の利回りとなるとしましょう。

すると、年間の利益は300万円(税+コスト込)となります。
働くことからは開放されましたが、ストレスを抱えながらやっと稼ぎ出した市場平均を上回る利回りは30%で300万円の収入でした。

では働くとどうか

では、あなたがサラリーマンとしたはたらいた場合、週5日、朝9時から夕方6時までの勤務時間で年間500万円の収入を得ることができるとします。

そうなると、1,000万円の元手で死ぬほど運用を頑張るのと、確実な500万円をもらうのがどちらが得かは明らかです。

投資などせずに、毎日会社に通った方が、ずっと人生の”運用成績”がよいのです。

余暇を利用した資産運用で、あなたは年10%の利回りを確保できるとしましょう。
すると、年間の利益は100万円(税+コスト込)です。

一方、あなたはその時間をサイドビジネスにあてて、毎月10万円、年120万円の副収入を得ることができるとします。
そうすると、この場合でも、投資などせずに、サイドビジネスで稼いだ方が得だということになります。

ここで何が言いたいかと言うと、要するに私も含め一般のサラリーマンにとって、自分自身こそが最大の資産である、ということです。

仕事の片手間にわずかな元金でヘタな投資を繰り返すよりも、自分自身を労働市場に投資したときに得られるリターン(給料)のほうがはるかに大きく、おまけにリスクはずっと少ないからです。

ということは、合理的な投資家であればあるほど、運用資産が十分でないうちは、投資などせずにひたすら働くはずです。

投資をしないのが一番の投資というわけです。
(先程の例で言えば、もっとも経済合理的な行動は、運用成績は年5%でいいから、サラリーマンとして働き、サイドビジネスにも精を出すことです。)

ところが、一生懸命働いて投資の元金が増えてくると、ある時点で、資産運用で期待できる利益が労働で得られる収入よりも大きくなってきます。

例えば、保有資産が2,000万円になれば、サイドビジネスで稼ぐよりも、仕事以外の時間を運用にあてて、年10%(200万円)の利回りを目指した方が合理的だということになります。

さらに保有資産が多くなると、サラリーマン生活で得られる収入よりも資産運用できたいできる利益の方が多くなってきます。
このように、資産運用液だけで家族の生活を安定してまかなえるようになった時、はじめて「経済的に独立できた」ということができます。

このように、「投資で生活する」かどうかは、経済合理的には以下の3つの要素で決まります。

  1. 運用資産の総額
  2. リスクを紙した期待運用利回り
  3. 自分自身の労働市場での収益力

そのとき、
運用資産 × リスクを紙した期待運用利回り > あなたの労働市場での収益
の条件が満たされるならば仕事をやめて資産運用生活に入るという選択肢も現実のものになってきます。

そうでなければ、働くしかありません。
その水準はやはり前述の通り1億円が目安となるのではないでしょうか。

決して不可能な目標ではないでしょうが、私たちの場合、いずれにせよまだまだ働かなくてはならないということです。
もちろん、サイドビジネスをしながら資産運用に入るとか、田舎や新興国に住むということで、いくらでもバリエーションはでてきますが、目安として考えてもらえればと思います。

ということで、シンプルな結論が導き出されました。

一般の人にとっての最大の資産運用は働くことである。

身も蓋もない話ですが、しかし、これが真実なのですから仕方ありません。

ところが、ほとんどの投資指南本やブログ、Twitterの情報では読者に嫌われるのを心配したり、魅力的な記事を書くことを優先するためなのか、御本人がキヅイテいないからか知りませんが、資産運用と労働とのこの重要な関係については、全く触れていません。

耳障りのいい言葉だけを聞くのは気持ちがいいかもしれませんが、しかし本当にその情報でお金持ちになった人はどれだけいるのでしょうか。
あなたはその情報を見てお金持ちになっているでしょうか。

そのことを再度考えていただきたいと思います。

まとめ

本日は、これから投資するぞ、仮想通貨で儲けるぞ!という方には非常に残念な内容しかなかったと思います。
こんなことを知るために大切な時間を使って情報収集しているわけではないという方が出てくるのも百も承知です。

ですが、私は本当に読者の皆様のためになる情報を届けたいという気持ちでこのブログを書いています。
このブログに記載されている方法を実践すれば、時間はかかっても着実に資産を増やしていけます。

まずは、何はともあれ働くことです。
そしてそのお金を仮想通貨のインデックス投資に振り分けましょう。
インデックス投資がよい理由はいくつもありますが、今回の話との関連でいうならば、時間を掛ける必要がないということが大きなポイントです。

元本を増やすというステージにいる皆様にとって、時間というのは元本を増やすために大変貴重な資産です。
インデックス投資以外ですと、価格が気になったり、ニュースが気になったり、その時間をそれらのチェックという何も価値を産まないことに使う羽目になってしまいます。
ですが、インデックス投資であれば、基本購入してあとはほったらかしです。

仮想通貨はほったらかししながら、元本を増やすことに精を出す。
1日で資産2倍!なんていう方法は私は教えられませんが、多くの方が資産形成されるのをサポートできるブログにしたいです。
ですので、夢のない話と思って諦めず、しっかり現実と向き合いながら資産を増やしていきましょう。

それではまた次回!

↓良ければ応援クリックよろしくお願いします。↓
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です